子育ては一人は禁物

双子の赤ちゃんの子育て中は、どこに行っても声を変えてもらえるなど、双子ならではの楽しみも満載ですが、育児の大変さは一人よりもさらに倍増する事はのがれられません。特に、1歳頃になってくると、よちよち歩きも始まって2人同時に行うしぐさなどは、見ているだけで幸せな気持ちにさせてくれます。

しかし、物心がついてきたこのかわいらしい時期につきものがママを独占したいという気持ちです。双子だから、一緒に遊ぶようになるのかしらと思いますが、おもちゃの取り合いをしたり、ママにべったりくっついたりと、双子ならではの過酷なライバル争いが始まるのもこの時期です。双子のママ争奪戦を乗り切るためには、2人同時抱っこやおんぶと抱っこを同時に行うなどが必要になるため、どうしてもママの体はがたがたになってしまいます。家の中で、ママ対双子だとどうしても、ママにべったり甘えてしまうので、極力一人で抱え込まずに、公園や子育て支援センターなどで遊ばせるなどの工夫も大切です。

また、大人の数が多い環境に置くと、甘え方も分散されるので、近くに実家があるなら、おじいちゃんやおばあちゃんの手を借りる事も必要です。双子育児を乗り切るために重要な事は、孤独に子育てをせずに、周囲にしっかりと甘えることと、人の助けを借りるという事を心がける事が、楽しく子育てをするためには欠かせない要素の一つといえます。